PLAYNOTE 蜷川実花監督『さくらん』

2007年05月07日

蜷川実花監督『さくらん』

[映画・美術など] 2007/05/07 22:03

蜷川実花が最近好きだ。ああいう色使いはとても平成的であるように思う。時代の転変の後に来る経済の爛熟って奴は、アールデコでもバロックでもそうだけど、ぶっちぎったどぎつさを持ったある意味キッチュな文化を生み出すものなのかしら、とか思う。漫画やアニメやファッションにもそういう香りを感じるが、蜷川実花の写真はそういうのをとても繊細な哀れさを抱擁した上で焼いている気がする。気がするだけね。語れるほど知らない。

で、映画を観て来た。期待通り!

期待通り! ビジュアル的な鮮烈さはとんでもないし、女優の美しさとか割り切った・ビビッドな世界観とかは実に素晴らしい。そして、物語的には一切面白くない。ここまで含めた上で、期待通りなのである。

ええじゃないか、ええじゃないか、美しければええじゃないか。美しさ、プラス、浮世の儚さっつーか、恋のあだ花っつーか、そういうのがあるんだからええじゃないか。物語の構図的には「あーあ」って感じだったけど、これは決してけなしているわけではない。素晴らしい写真、見事な絵画、美しい詩に解説や説明は要らない。

土屋アンナはどう考えても和服とか似合わないだろ、と思っていたが、いや見事に和服ロックな女として昇華させている。個人的にえらく好きな菅野美穂のたおやかにツンツンした感じと対を成す、原色系のツンツン感が、すげー人工的・漫画的な美を現出させておった。ええじゃないか。

映像的に素晴らしいシーンがいくつかあった。蜷川実花の写真がそのまま動いているようで、ストーリーに退屈している僕をはっと目覚めさせる鮮烈さ。いいよね。

椎名林檎の楽曲提供が、意味や意図、コンセプトとしてはとてもハマっているものの、映像や世界観とそこまでマッチしておらず、残念だが喜ばしい、奇妙な後味。もともと俺は椎名林檎結構好きなんだよ。1stのJazzyな感じとかいいじゃないか。今回の楽曲は和なテイストはもちろんあったけど、椎名林檎の魅力はとても出ていたように思うよ。椎名林檎の好きなとこって、かすれた美しさというか、塗り立ての強烈な口紅ではなく、強烈に塗った口紅がかすれて落ちたセクシーさだと思うのだけれど、そういう感じ。さぁどうだ、わかるか。わからなくて結構。

面白かった。