PLAYNOTE ブッシュ大統領が歌う『Imagine』

2007年04月11日

ブッシュ大統領が歌う『Imagine』

[音楽・ビートルズ] 2007/04/11 03:50

YouTubeですさまじい労作を見つけた。マッシュアップとしてのクオリティもかなりのものだが、ブッシュにジョン・レノンの『イマジン』を歌わせたら? という発想がまずすごい。

おそらく自作と思われるバックトラックに乗せて、ブッシュの発言を切り貼りして『イマジン』の歌詞を追わせている。ただし、一番のラストの歌詞は、
「I hope someday you will join US
ではなく、
「I hope someday you will join ME
となっている。痛烈な皮肉。

また、ラスト、曲が終わった後、やはりブッシュの声で、
「All of us want peace.」
という台詞が入っている。さんざんブッシュ政権が引き金を引いた戦争被災地や反戦デモの映像を流した後で、このコメント。背筋がぞっとした。

『Give Peace A Chance』『Come Together』『Strawberry Fields Forever』『A Day in the Life』なども要所要所にリミックスされていて、マッシュアップとしても大したものだが、やはりメッセージ性の強さ、鋭さ、そしてその表現の鮮やかさに驚嘆する。『Imagine』が未だに持ち続ける反戦の象徴としての訴求力と、この作品の発想力が引き金となって、コメント欄では世界中の人々を巻き込んで喧喧諤諤の大論争が繰り広げられている。アフガンにせよイラクにせよ、終わったと思っているのは一部の人間だけだ。それは、本当に一部の人間だけ。

青臭いと言われようが、わかってないねと笑われようが、僕は永遠に戦争反対を言葉にし続けようと思う。

追記

「ブッシュに歌わせる」というコンセプトはそのままに、ジョン・レノン『イマジン』とルー・リード(Lou Reed)『Walk on the Wild Side』をまぜこぜにしてるバージョンも発見。こちらは痛烈というより funny で、映像的にもとてもポップ。

コメント

投稿者:び (2007年04月24日 21:42)

これはwwww