PLAYNOTE 日本 VS ブラジル 1-4 で負け

2006年06月23日

日本 VS ブラジル 1-4 で負け

[トピックス] 2006/06/23 05:52

敗けー。

結局リアルタイムで観ちゃったよ。2006年ワールドカップ予選最終試合。日本が一点目先取したときには一瞬ミラクルが頭をよぎっちゃったけど、その後の展開を見ると…。残念でした。

ブラジルすごいな。アナウンサーが「まるでブラジルの方が一人多いかのよう」なんて形容してたけど、マジでそんな感じ。日本が攻め上がっていくとゴール前には黄色い人影がびっしり群がっていて…。こりゃしょーがねーよ。

今までサッカー観てあんまり面白いと思ったことなかったけど、この日本対ブラジル戦は面白かったな。ブラジルのうまさに魅せられた。

ジーコ出場すればよかったのに。ブラジルの若手選手に向かって「お前ら俺を誰だと思ってるんだ!!」と威嚇しながら、白いペレ、ピッチ再臨。ブラジル一歩も動けず。あと、大空翼を代表に入れなかったのは何故だろう。

おまけ。こないだ知った↓

この漫画の影響は日本だけにとどまらず世界中におよんでおり、「キャプ翼」の影響でサッカーを始めたというプロ選手が世界中に数多くいる。ちなみに日本人では中田英寿、世界的な名プレーヤー、元フランス代表のジネディーヌ・ジダンイタリア代表のフランチェスコ・トッティこの漫画の影響でサッカーを始めたと語っている。特に日本において、現在20代後半の、中盤のプレーヤーが多いのは、『キャプテン翼』の影響を受けたものと推測される。 キャプテン翼 - Wikipediaより)

中田にジダンにトッティまで!
キャプテン翼、一度も読んだことないから今度読んでみようかな。

追記 ジーコ

面白いコピペを見つけたよ。

ロナウドが小笠原に後ろから激しいチャージ。さらに倒れこんだ小笠原を踏みつける。
騒然とするスタジアム。担架でピッチから運び出される小笠原。
突然、ベンチに座るジーコが立ち上がりテクニカルエリアに…
無言のままおもむろにスーツを脱ぐジーコ。
スーツ下からは、絶頂期さながらの神様の肉体が現れる。
治療を受ける小笠原のユニフォームを脱がせ、サムライブルーを纏うジーコ。
ピッチに入ろうとするジーコを止めようと予備審判が駆け寄るが、神様の一瞥で竦み上がり身動きができなくなる。

「さぁ来い小僧ども!本物のサッカーを教えてやる!!」

日本サポーター、ブラジルサポーター共に総立ち。ジーココール、ジッココールでドルトムントが揺れる。

コメント

投稿者:G (2006年06月23日 08:16)

読んだことないんだ。意外だな。

「おっと石崎くんの顔面ブロックだー!!」

「ほげぇ!!!」

・・・萌え萌えだよね、石崎くん。
あの宮本がDFになったのは
顔面ブロックにあこがれたからという説もあるとかないとか。いや、ないな。

投稿者:Kenichi Tani (2006年06月23日 10:32)

やっぱり俺らの世代は通過してんのか、キャプテン翼。…全然↑のネタがわからねぇ。石崎君?誰だそれー・・・。

今度読みます。きっと。でもすげーたくさんあるんだよな…。