PLAYNOTE くねくねし『尤もな犬』

2006年06月18日

くねくねし『尤もな犬』

[演劇レビュー] 2006/06/18 18:30

僕がいたサークルの先輩劇団らしい。十二年とか隔ててるから、誰も俺のこと知らないんだけど…。ご縁があったので観せて頂いた。下北沢・駅前劇場にて。

まず舞台美術のセンスが個人的にヒット。床は原色系のパンチでビビッドな縞模様。背景パネルもうねうねしながらストライプ。このミラクルポップな舞台美術が、明かりを浴びてくるくる色合いを変える様は見ていて壮観。美術周りの勢いのよさが一番好きだったかもしれない。

映像もすげーいい感じ。かわいらしくてポップ。スムーズに劇展開に馴染んでおり、うまい。あとプロジェクターがすごくいい。あれ使いたいな(笑)

美術・衣装・映像・音響・照明が一丸となって、よくわからない強引さを持った原色系ポップ・ワールドを現出しており、独特の世界観。そこにやり過ぎなくらいコミカルな役者さんの演技が乗っかり、駅前劇場の中で観たことのない空間だった。

ただ、お話の方はいまいちピンと来ず。端々にクリーンヒットするギャグがあり笑わされたけど…。世界観を楽しみ切れなかった。

役者さんでは小田井さん・三土さん・新倉さん、あと客演の中谷竜さまがお気に入りでした。新倉さんは「すげータッパだなぁ」と思って見てたけど、あとで聞いたら自分と同じ身長でびっくり。竜さんはラブヨーとは全然別の顔を見せており非常にチャーミングだった。

俺が観た回では一つトラブルがあったんだけど、おかげですごいものが観れた。物語中盤、役者さんが誤って舞台前のコロガシ(置きライト)を蹴ってしまったのだ。倒れたパーライトは客席を真っ直ぐに見定めており、このままフェーダーを上げれば舞台に明かりが差さないだけでなく、一番前のお客さんの目が灼かれてしまうだろう!

ハラハラする俺を無視して舞台は進む。シーンが終わり、映像が流れた。
と、そのとき!
低く身を屈めた黒い影が俺の前を横切り、あっという間に倒れたライトを直して戻って行ったのだ。誰だあれ、すげー! 照明の大介さんはオペのためブースにいるし、一体誰?? と思ったら、松本大介その人でした。きっかけのない一瞬のスキをついてブースを離れ、忍者のように音もなく客席を疾走、ライトを直して帰るまでの所要時間、約20秒。す、すごい。

(芝居そのものとは関係ない話が最後に来てしまった…。)