PLAYNOTE 騒動舎新人公演『さぼてんクロニクル』

2006年06月16日

騒動舎新人公演『さぼてんクロニクル』

[演劇レビュー] 2006/06/16 19:00
舞台写真

後輩が頑張っているのだから観て来た。早稲田どらま館にて。

毎年新人公演には怪物が何人にもいて度肝を抜いてくれるのだが、今回も初っ端から飛ばしており大満足。いやー笑った笑った。ネタの多い少ないは個人差があったけど、全員が全員キャラが立ってたし、存在感をビシッと見せつけていたのはすごい。だって新入生十人以上もいるんだよ、今年? 騒動舎に春が来た。

厳密に言えば芝居として成立しているとは言えないんだが、別に芝居なんて形にこだわらなくて構わねーよ! 面白けりゃいいんだ。例えば、テンポの悪さ、魔の悪さが逆に面白かった。もちろん本当ならもっと間を詰めるべきなんだろうけど、そうしちゃうとあの絶妙のだるーんとした感じの面白さはなくなっちゃうんだろうな。やりたい放題やってる感じとか、投げっぱなしのギャグとか、全然意味のわからないボケとか、最高。

OP映像は凄まじい個性を露呈しており、あの優しそうな子が作ったとは思えないほど狂っていて楽しかった。もう一本の映像を見れなかったのは残念だったな。

照明や舞台美術はもう一息。あの広くて高いスペースを使いこなすのはかなり難しいだろうけど。小道具もいい加減過ぎ(笑)。ニ・三年生頑張れ。

個人的にはゴードン・星のおじさま・ゆうや君が面白かったです。