PLAYNOTE ズレと偶然

2006年02月08日

ズレと偶然

[雑記・メモ] 2006/02/08 01:25

えーと。

同学年の友達が会社説明会に行っているさなか、家でカタカタとホンを書いている。そういや高校んときは、みんながセンター試験受けてる土日、ひたすら家で落語の練習してたっけ。中学んときはさすがに受験したけど、高校の合否よりむしろ当時つきあってた彼女との関係の安否が気になってた。

ちょっとずつズレてただけのものが、いつの間にかどんどんでかくなっていく。元々はみんな普通のヒューマンだ。偶然が人生を転がして行く。風が吹いて桶屋が儲かったり、中国大陸のチョウチョの羽ばたきで日本に台風が起きたりする。世界はカオス、そしてみんな普通のヒューマンだ。

この年にもなるとズレは不安でしかない。お笑い芸人を目指してる友達がいつか言った、「将来の二文字が脅威でしかない」という言葉が頭をよぎる。不安を酒で殴り倒し魂を削り出すようにして書く。

頂いたコメント

tDiaryからの移行のとき貼った。

■ ゆらら (2006/02/09(木) 19:26)
谷さんは、早熟なんですね。そして、さらにさらに成熟していくんだろうなぁ。名前を出して活動しているヒトは、そういう使命……世間に対しての使命みたいなものを持ってるんだと、群ようこさんが言ってました。お笑い芸人を目指しているお友達にも、その使命があるといいですね。

わしも、その使命があるんだと錯覚していた時期がありましたが、最近、凡人だと自覚して、努力の二文字を頭に刻み付けています。なんのための努力かというと、生きるためー。

谷さんの場合は、もし努力するとしたら、、、凡人にならないための努力かな??

■ 谷 (2006/02/10(金) 10:17)
早熟って言ってももう23歳ですよ。凡人かどうかなんてのは考えないようにしてます。みんな普通のヒューマンだぜいえーい。

■ くろさわ (2006/02/11(土) 03:02)
私はこの歳になっても不安ですよ(笑)ただ5年前と今と何が変わったかと言えば、信じたものに対して真剣か否か、そこに重点を置いて生きようと思えるようになったことかな・・・。「まとも」の基準がいつの間にか自分の中に作られていて、それに沿えない自分に劣等感を抱いたり、沿えてない人を心のどこかで蔑んだりしていたけど、クールを気取って突っ走れないほうがよっぽど格好悪いって気づきました。最近なんですけど(笑)私にもタイムリーな話だったんで・・・

■ Kenichi Tani (2006/02/11(土) 04:52)
クールに気取って突っ走る、かー。俺はぶっちゃけ迷いみたいなものはないんだけど、周りに、特に親に迷惑&心配かけてるなーと思うとへこみます。それに台本書く作業って孤独だし誰もダメ出しも助け船も出してくれないし、自分と向き合わざるを得ない時間だから精神的にキビシイ。好きでやってんだろ、って言われちゃそれまでなんだけど、そんなに単純な話でもないよね。

■ くろさわ (2006/02/12(日) 01:54)
わかる!!好きだけでやりぬけない時って辛いですよねぇ(TT)
でも谷さんは偉いなぁ・・・不良娘の私と違って(笑)迷いがないなら周りへの迷惑や心配はいつか良い形になって返ってくるはず!・・・無責任すぎる締めですね・・・すみません(--;)