PLAYNOTE 騒動舎『WER』

2005年12月25日

騒動舎『WER』

[演劇レビュー] 2005/12/25 02:00

後輩の芝居。阿佐ヶ谷シアターシャインにて。「なるべく客観視して観よう」と思って観た。

全体的にぬるかったなぁ。「マディソン群の橋」と「モンゴル」には笑ったが。麻美のキャラ作りと真顔ギャグにやられた。麻美が一人で大奮闘しており、私は滝井麻美の底力をまんまと見直すハメになったのであった。

作風としては意外にもシリアスで、「レッド(作演の男)病んでるんじゃね?」的なことが囁かれていたらしいが、すごく気持ちはわかった。もう一声、構成に工夫があればよかったと思う。

セットはスケール感はあったけど塗りがちょっと雑な気が。すげー高いパネルがあった。

騒動舎はこの先どこへ行くのだろうか。