PLAYNOTE 血!!

2005年12月18日

血!!

[雑記・メモ] 2005/12/18 05:12

血!!!

冬の空が綺麗なのは大気が冷たくって透き通るからだよ、なんて大嘘だぜ! 寂しさに負けた星たちが、人にひしめく地球の引力に引かれてちょっと近づいてるからなんだよ! 知ってた? M78星雲とかアンドロメダ星雲にひっそり暮らしている宇宙人にとってはさ、あんなごった返した新宿の雑踏ですら、ポエジー感じて思わず夢精しちまうくらいハートウォーミング&チャーミングな空間なんだ。トーキョー星人がTDLで見るバンビやプーやぐりとぐらくらい、キュートに歩く俺たちさ。

だからウルトラマンとか地球に来る途中にきっとすげー射精しまくってると思う。
「やったー、人に会える!」
表情のないウルトラの母や父や太郎と一緒に暮らしている彼らは、きっと表情豊かな地球人にぞっこんLOVEに違いない。俺あんな星で暮らすの嫌。

そっと煙草に火をつける。昇る煙の紫に、人の自由が見え隠れする。「現代人は、自由の刑に処されている」、確かサルトルの言葉だけれど、その恐ろしさがわかるようによーくよーく目をこらして生きるんだ、JRに詰め込まれたロバどもめ(俺含む)! 自由、時間。どちらも一つだけとると背筋が凍るほど空恐ろしく響く言葉だけれど、合わせてみると「自由時間」。新宿のニビ色吐息に窒息しそうになったなら、竹馬乗って屋上へ走りドッジボールでもやりにいこうぜ。

人間はどう足掻いたって否定できないものが二つある。顔と血だ。

顔について。
よく顔の作りは遺伝的に決定されると思っている人がいるようだけれど、それは真っ赤な嘘(ニュートンか何かで読んだのでこれは本当)。性格や生活によって、後天的に決まる割合が60%くらい占めているそうだ。いつもプンプンしてる人はそりゃあ目じりの筋肉も変わってくるだろうし、いつもニコニコしている人はそりゃあ頬の筋肉も変わってくるだろう。それ以上に、よくわからんが精神が肉体に与える影響ってのはあるはずだ。

俺の目がこんなに細いのは、だからきっとこの世界の隙間の隙間、人と人の間や、閉じ掛けのドアの向こうや、アスファルトをひとり歩く犬の涙や、ポスターでピタリと笑う芸能人の眉と額の間に覗く苦悩のサインを、ぎゅっと目をこらして見ようとし続けてきたから、そうに違いない!
(うそ。親父も目が切れ長で細いので、これは多分遺伝。)

血について。
血を組成的に分析すれば、遺伝子の描いたプラン通りにできてるはず。でも俺は、父からもらった赤血球や、母からもらった白血球や、祖母からもらった血小板や、祖父からもらったヘモグロビンよりも、ビートルズやブランキーやカフカやヘッセやシェイクスピアや、騒動舎の魂が組成的に多く流れているに違いない。

俺の動脈をちょっと切って、出た血液を顕微鏡で見てみやがれ。『D.I.J.のピストル』をBGMに、カフカの顔してハムレットの服着た小人さんたちが、「セックスセックス騒動舎!」って叫んでるに違いないぜ。そして俺はそれに「カット!」をかけて、服を着込んで電車に乗る。(ただし、家を出て北柏の駅で千代田線に乗るまでは、俺の脳はカオスの絵の具を流し続ける)

ハイハットとハイハットの音の間、ベースが刻む八分音符と八分音符のリズムの間、ギターが奏でるCメジャーコードの中の僅かな不協和音に、俺の脳髄を溶かして頭蓋骨からこぼれ出させ、部屋中をいっぱいにさせてしまう何かがあるんだ。人はそれを「何それ?」と言うだろうが、俺はそれをロックと呼ぶ。

どうしようもないくらい空虚な味のするコーヒーを飲みながら、自由連想の中でプライマル・スクリームを続ける俺。電気信号に溢れた現代を嘆くことはない。どんなに繊細で緻密な絵画だって、原子レベルまで分解すれば01信号でだってパーフェクトに再現できる。それならば、ルノワールのあの透き通った光でさえ、銀色の円盤に詰めて宇宙に飛ばすことができるんだ!

眠くないので寝ません。SPARK! JET CITY!