PLAYNOTE 劇団熱希球『THE LAST OF HEROS』

2005年12月17日

劇団熱希球『THE LAST OF HEROS』

[演劇レビュー] 2005/12/17 01:01

明大マクベスで共に学生課や教務課と戦った戦友・山Pが絡んでいるので観に行った。御茶ノ水アートスタジオにて。

受付対応が親切丁寧でまず好印象。ホッカイロくれたり。場内も椅子がゆとりを持って配置されていたのでリラックスして見れた。

そうでもなけりゃ相当しんどかったろうなぁ。何せ上演時間・二時間半…。「演出の都合により…」って言ってたけど、芝居観てても休憩挟めない理由はわからなかったし、間やテンポが恐ろしくスローだった&不要なエピソードや内輪受けのギャグも多かったから、一時間半に縮められる芝居だと思った。

衣装がすごく丁寧に作ってあってびっくり。和服にワイシャツ・ネクタイ・手錠など現代のアイテムを絡めて時代感を揺さぶってるのはよく見る試みだけど面白い。あと背景の書き割りの絵がすごく手が込んでいてよかったな。

役者はうまくキャラが住み分けられていて、何人かとても面白い持ち味の人もいた。全体的に発声が弱く殺陣も人によってレベル差が大きかったのは残念。火盗改めの二人がよかったなぁ。あの二人の絡みのところは割と笑えた。

照明のケーブル介錯が非常に汚く、天井がかなりがっかりな感じになっていたのが気になった。明かりの表情ももっと工夫できると思う。音響は、割とハードなロックを中心に時代劇に合わせる…っていうコンセプトはよく見えたけど、場所によっては音量をもっと上げてもよかったんじゃないだろうか。迫力が。

山Pが最後「上様」の役で出てきたときは、「このタイミングかよっ!」ってんで観てるこっちがハラハラしてしまった。しかもギャグってたなアイツ(笑)。お疲れ様でした。

コメント

投稿者:熱希球の上様こと山本 (2005年12月17日 10:12)

どうもご来場、ありがとうございました!

長い上演時間のご観劇お疲れ様でした。
そうです、上様はある意味存在自体がギャクですから(笑)

投稿者:Kenichi Tani (2005年12月17日 16:29)

お、変な時間に書き込んでるな。最後2ステがんばれー