PLAYNOTE 夢幻舞台『お迎えです。』

2005年08月05日

夢幻舞台『お迎えです。』

[演劇レビュー] 2005/08/05 21:27
投稿画像

脚本が悪いと芝居ってどうしようもないんだよね、って典型。開始十分で展開がほとんど読めてしまった。台詞も薄っぺら、どこかで聞いたようなものばっかで見所が全くなかった。唯一の見所は「お前はジャマイカ人か」。

写真は帰り道で食ったロッテリアのてりやきバーガー&雪見あずきとかいうデザート(芝居とは全然関係ありません)

コメント

投稿者:モトヤマ (2005年08月06日 00:56)

俺も初見だったんだが、確かに話が見えてしまったし、薄っぺらくもあったと思う。

「お前はジャマイカ人か」は原作に忠実なのだそうだ。

投稿者:Kenichi Tani (2005年08月06日 06:32)

わざわざ演劇化するほど面白い内容とも思えなかったし、戯曲化するにももうちょっと工夫のしようがあった気がする。

投稿者:terasaki (2005年08月08日 02:09)

「脚本が悪いと芝居ってどうしようもない」

そうですね。
脚本あっての芝居ですからね。
伝えたいことがそこに確実に強く存在してなければ、何をやっても空しいですね・・・。
脚本家と演出家と役者・・・これが揃わなければ、芝居が成立しませんね。
良いものとの出会い、そして良いスタッフとの出会いが大切ですね。