PLAYNOTE 妹の就職が決まりました。

2005年06月02日

妹の就職が決まりました。

[雑記・メモ] 2005/06/02 02:27

ドイツ語専攻なんていう演劇学専攻と同じくらい就活大変そーな学科に通っている妹(21)が、何か昨日あたりに就職先決めていたそうです。数ヶ所内定とってその会社に絞った、というから立派なものだ。

内向的で人見知りする性格だからどーせ就職浪人だろ、と踏んでいた兄の杞憂をせせら笑うような見事な勝利。

俺はおろか両親までどーいった方向で職探ししてるか知らない、という神秘に包まれた就活を行っていた妹だが、自分で探して自分で決めて、一人立ちの第一歩としてはなかなか立派なスタートだと思う。滅多に親しい人間を誉めない俺だが、こんなときくらい五月の太陽のように優しく笑ってもいいだろう? ベルギー行きたい。

年子の妹が就職決めた、その兄は、一浪一留、先日23歳の誕生日を迎えてまだ大学三年生。順調に卒業しても24。に、24! うわ、引く数字。数字こわい。
※留年ではなく留学の意。

何かしら芝居作りの現場で働きたい、っつーか自分で芝居やりたい、と思ってるわけだが、当然周囲からは「就活どーすんの?」と聞かれるわけで、その程度のプレッシャーはアリんこを背に乗せた象さんくらいにしか感じてないけれど、日々増えていく両親の白髪の数を視認する度に、君の瞳に最敬礼で「翼よ、あれがパリの灯だ!」と夜空に吼える春の夜。

ちょうど今日も明大の某教授と話していて、「院行って教授でビンゴ」みたいなサジェスチョンを受けたけれど、本を読んだり何か調べたりするのは好きだけれど、けれどけれどだけれども、学問をそれほど愛しているわけではないので、それで金をもらうのはためらわれる。しかも金が出るまで五年十年無収入だし。猿回しの猿になるのと、蛍雪を頼りに本に噛りついて生きるのと、どっちがいいと言えば、どっちもどっち。

人生ゲームを思い出す。
…ごめん、思い出してたのはホント言うと桃鉄だ。ちょっと桃鉄って言葉出すの恥ずかしかった。
サイコロの出目次第で進行方向も成否も決まってしまうのが桃鉄で、桃鉄はそれすなわち人生なわけだから、人生も、運と偶然がナマでセックスして避妊に失敗、気まぐれで産み落とされる孤児のようなもの。そりゃ自分を磨くとか自分に投資とか無駄にならないことはいくらでもすればいいけど、結局ニシかヒガシか決めるのは、何つーか、カオス理論とかバタフライエフェクトなわけで。ベルギー行きたい。

とりあえず明日提出のレポートに今から手をつけるべし。今二時二十五分。深夜が踊り出す狂い出す時間だぜ。今俺の背後霊は天国で飲み過ぎてビールっ腹になったキュリー夫人。王様の耳は中耳炎ー!

P.S. 誰かシアターテレビジョンに加入してる人がいたら連絡下さい(阿佐ヶ谷スパイダースの『みつばち』を録画して下さい)

コメント

投稿者:モトヤマ (2005年06月03日 22:06)

 俺は、教師になろうと思う。院も目指すが、その後は、先生になって、空いた時間で研究でもできたらな・・・と思う。
 ・・・教育実習にきて、ますますそう思うようになった。

投稿者:Kenichi Tani (2005年06月05日 01:03)

へーえ、教育実習でへこたれて「先生やめた!」とか言い出すかしらと思ってたけど、逆か。いいんじゃない?ただ「空いた時間」なんてないと思うよ。いくら学校の先生っつったってそこまで暇じゃないだろ。

投稿者:G (2005年06月07日 18:07)

おいおい
ドイツ語専攻が就職厳しかったら俺なんかどーなるんだ?
180%就職できねえよ。(笑)
生きてるうちは二度とポーランド語なんか触れないと思ったら
いきなり研修でポーランド紹介マニュアル書くハメになったよ。。

来週池袋に「仮装敵国」観に行くんだけどさあ
あれ面白いの?
前情報が何もないのだ。
コメディの短編集らしいというくらいしか。
わくわくどきどき。
おかんに連れられ僕は行く。

投稿者:Kenichi Tani (2005年06月09日 03:15)

まぁ「自分の専攻が一番就職大変」と思ってる人は多いよね。ポラ語みたいな専攻でもひょいっと就職決めちゃう奴もいれば、経済とかやってもちっとも決まらない奴もいるし、専攻のせいにすんのはよくないやね。

仮想敵国について。俺は観たい。
http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2005/0607233444.html

投稿者:ひろみつ (2005年06月09日 12:32)

久々に見たよ。誕生日おめでとう。無理してレポート書いてる姿が目に浮かぶよ。

投稿者:Kenichi Tani (2005年06月10日 00:42)

誕生日ありがとう。レポート書きませんでした(笑)。