PLAYNOTE ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ

2005年03月31日

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ

[映画・美術など] 2005/03/31 02:28
DVD: ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ

オカマのロックシンガーが愛とその意味を悩み求めながらディストーションバリバリで歌いまくるオフ・ブロードウェイ・ミュージカルの映画化。パッケージからしてテンション高いが、内容はもっとケレン味たっぷり。ビジュアル的にはややグロでちょっと悪趣味だが、中身はみずみずしくて美しい映画。

主演のオカマ野郎・ヘドウィグに魅せられっぱなしの一時間四十分。歌はぞくぞくするほどうまいし、目線の配り方も体のキレも間違いなく舞台人のそれだなとわかったが、調べてみたらやっぱりそうだった。ジョン・キャメロン・ミッチェル。ミュージカルでも主演、それどころか脚本・監督も彼。すげーカリスマ、天才がいたものだ。

オカマの恋は美しい。はじまった瞬間からどこか悲哀を帯びている。この映画、オカマが悶々と愛を追い、愛について考える映画なのだが、クサいとも説教じみてるとも感じないのはひとえにヘドウィグのカリスマ的なパフォーマンスのおかげ。よく通るいい声で実にきれーに歌う上、歌シーンの演出がこっているから、きっちりエンターテイメントとして成立してる。おもろい。こんなライブ見てみたい。

難を挙げれば構成かなー。回想シーンに頼り過ぎていて現在進行形の事件がないから、ちょっと展開に引きがない。歌をつなげただけでも十分見れるけど、映画でやる以上もう一歩欲しかったかも。後半の尻すぼみな展開はミュージカルから映画に改作したときのひずみかなと思う。ヘドウィグがカツラを脱ぐに至った心理をもう少し描いておけばラストがぐっと際立ったような。

とはいえヘドウィグの歌とエキセントリックなビジュアルのためだけでも見て損はない。センスいい。

コメント

投稿者:G (2005年04月03日 02:43)

2年位前に見てサントラ買っちゃった。
ミュージカルとしては上出来かなーと思った。

投稿者:Kenichi Tani (2005年04月04日 02:34)

そだね。ミュージカルとしては上出来だね。楽しかったよこの映画。

投稿者:しのぶ (2005年04月04日 20:09)

映画のメイキング映像がついたDVDを観たんだけど、メイキングも面白かったです。6月に再演する三上博史のヘドウィグ、すごいよ。ぜひ観てね。

投稿者:Kenichi Tani (2005年04月05日 10:24)

確かにこれは舞台もすげー面白そうな。ただ金がねーからほぼ間違い無く観れない…