PLAYNOTE 大河ドラマ『利家とまつ』

2005年01月17日

大河ドラマ『利家とまつ』

[映画・美術など] 2005/01/17 18:38
DVD: 利家とまつ 加賀百万石物語 第壱集
長かった

冬休み暇で暇で見た。生まれて初めて見る大河ドラマが in England。友達からビデオ借りたんだけど、よくイギリス留学に大河ドラマ三倍で録画したビデオテープ持ってくるよな。普段TVドラマを全く見ないので、いろいろ勉強になった。

尾張・荒子の小大名から成り上がり、金沢を中心に加賀百万石の映画を築き上げた前田利家とその妻・まつのお話。以前金沢へ旅行して感激した思い出があるので、ちょっと思い入れもありつつ。

何と言っても大河である。計算したら35時間くらいあった。凄まじい中だるみ。回想シーンだらけの後半。一日三時間くらいずつ見て行ったが、後半に行くにつけもうどんどんだれていく。

が、やはり何はなくとも大河である。二時間という一瞬にすべてを集約させる演劇が急流の早瀬なら、大河ドラマはやっぱり大河。退屈な時間も多いけど、その分雄大なスケールで人の一生を追う。

演出とか脚本のいい加減さ具合に結構辟易してたんだけど、TVって役者次第でどうにもなっちゃうんだなーと実感。だるだるな会話が続いても、いい役者がぐっとうつむいて唇を噛む、これを入れるだけでたちまちシーンが生き返る。なるほどね。芝居でこれやったら顔見えないもんね。

唐沢寿明。もともとすっげーいい役者さんだけど、最終回に向かって見る見る役者を上げて行く。松嶋菜々子。全然好きな女優じゃなかったけど、女日照りのイギリスに暮らしているため無茶苦茶かわいく見えた。特筆すべきは秀吉役の香川照之! 何だこの人は。まさに怪演。声の枯れるまでブラボーを送りたい。信長役の反町は最初は笑っちゃったけどツラがいいから結構いける。声が全然出てないから、信長役としてはちょっと覇気に欠けるきらいはあったけど。

本能寺の変で信長が死んでからは、どんどんホームドラマになってってつまらんかった。妻たちのでしゃばりっぷりがひどい。『利家とまつ』じゃなくて『まつ(と利家)』くらいの比重。こういう時代に内助の功を内助の功として描くと市民団体の皆様が黙ってないのかな。戦国時代にあそこまで政に口を出す女房、いい悪いじゃなくて、萎えた。現代的価値観から時代考証を曲げるってどうなんだろう。それでドラマが面白くなるならいくらでもやればいい、と思うけど。

あ、マツケンがカッコよかった。

コメント

投稿者:motoyama (2005年01月18日 18:11)

『利家とまつ』は、俺も見てたよ。確か『毛利元就』以後、久しぶりにまともに見た大河ドラマだったような気がする。
ほかにも『秀吉』やら『武蔵』も見てた。そして何より去年の大河ドラマ『新撰組!』はけっこう面白かった。演出はひどいが、役者陣が実力派の舞台俳優がぞろぞろ出てて、大河ドラマっぽい堅苦しさもなく、素直に面白かった。けっこう世間の評判は悪かったけど、やっぱり役者がいいのでそれだけでたのしめた。野田秀樹の勝海舟は最悪だったけどね…。
『利家とまつ』の反町は序盤はホント下手だった。本能寺あたりで役をつかんできたように感じたが、すでに時遅く、燃え尽きちゃいました。竹中直人の『秀吉』のときに渡徹也(漢字が違ってるかも…)がやった信長がべらぼうにすごかったので、それとくらべちゃうと酷かも…。正月休みにケーブルテレビの時代劇チャンネルでやってたちょっと昔の大河ドラマ『徳川家康』で役所広二の信長も豪快でよかった。

投稿者:Kenichi Tani (2005年01月18日 18:29)

お、意外と見てんのね、本山くん。新撰組は見たかったなー。俺の周りでは割と絶賛の声ばかりだよ。野田の勝海舟見たかったなー。

反町は途中から割とよかったよな。竹中直人『秀吉』やったんだ、見てみたいなー。とはいえ帰国したらやっぱりテレビなんかちっとも見ずに外飛び回ってるんだろうけど。

投稿者: (2005年04月01日 09:30)

Please check some information in the field of...