PLAYNOTE ブログを書く際の俺的正書法

2005年01月11日

ブログを書く際の俺的正書法

[ネット・PC] 2005/01/11 16:41

Weblog hxxks さんのエントリーでちょっとHTML記法上の誤りを指摘されて、ケンカして、でもビールで仲直り、みたいな流れで丸く収まったんだけど、ついでだから俺がブログを書く際のルールというか、俺的正書法をまとめておこうと思う。

文章とマークアップ

まず優先してるのが更新の手軽さ。正しいHTMLや正しい日本語を使うことに手間を取られすぎてフットワークが重くなるとブログの意味がなくなるので。自作Bookmarkletで機械的な作業を殺しつつ、タグとかは割といい加減に。MTの編集画面で <b> タグが一発挿入できるので <strong> の代わりに <b> 使ったり(たまにMTで一括置換してます)<ul> とか <table> とか面倒くさいタグはなるべく避ける。

次に優先しているのが文章のリズム、簡潔さ。それでも長めのエントリが多いけど、それは性格だから仕方ない。真琴さんに指摘された

この辺ここら辺の流れに乗ってうちも簡易表記を始めた。[P]。

ここにも登録してみた。以前いろんな祭りに乗り遅れたんで、今後は脊髄反射でどんどん乗っていきたい。

とかも、これを例えばW3C的優等生な感じで

たつをさんネタフルさんの記事に影響されてうちも簡易表記を始めた。うちの簡易表記は[P]

さっそく設置されたサイト簡易表記まとめWikiにも登録してみた。以前いろんな祭りに乗り遅れたんで、今後は脊髄反射でどんどん乗っていきたい。

とするとやはり文章のリズムが落ちると思う。「こことかこことか」みたいな記法ってニュースサイト由来だと思うけど、独特のファジーでだるーんとした感じがあって好きだ。

細かい俺的正書法

  • 形式段落初めの字下げはしない。単にガタガタして見栄えが悪いから。
  • 英語の本やCDについて言及するときは、作者名は通例となっているカタカナで、タイトルは英語で。タイトルまで邦題にしちゃうと、ビートルズ『ビートルズがやってきた ヤァ! ヤァ! ヤァ!』とかなってしまう場合もあるし、日本語版との区別がつかないので。作者名は、英語にすると何か気取ってるし Baudelaire とかわかりづれーのもあるし。で、日本語で。
  • “!”や“?”の後には半角スペースを。本来は原稿用紙一マス開けるのが正しいんだけど、Webだと間が抜けた感じになるので。
  • 三点リーダー(…)は全角一文字のやつを一回だけ。正しくは二回繰り返して六つ並べる。五つという説もあるそうだが、出所を失念。
  • 英数字は当然半角(数字だけの場合はまれに全角も用いる)。全角文字を見ると殺気立つ。
  • 題名などは『』(二重鍵かっこ)でくくる。かっこは半角ではなく全角を用いる。

他にもいろいろあった気がするけど忘れた。

とはいえ正書法は書籍や紙面なら重要だと思うけど、Web上では正しく書くことより表現の方に目を向けたいと思っている。侍魂みたいな奴はさすがに心の中のW3Cが雄叫びを上げるからできないけど、あれもまたWebなりの面白い表現だと思うし、三点リーダーなんかも全角一字の「…」より「・・・」の方がしっくりくるときもある。例えば、

早く人間になりたい…。

より

は や く ニンゲン に な り た い ・・・・・・

の方が文章に合う。実害がない限り、ネットの上の記法はケースバイケースで。

漢字について

他にも漢字用法については割とこだわりあり。ナマ舞台や映画館は「観る」、録画やDVDは「見る」。これは用法として間違ってるかもしれないけど、よく使うから身についてしまった。まれに録画やDVDでもすげー興奮して臨場感を味わった場合には「観る」場合もある。他にも微妙な使い分けをしているつもり。

補助動詞も、「やって来る」とかは「来る」にしたいけど「食べてみる」は絶対「食べて見る」にはならないし、その逆もまた然り。動詞本来の意味・行動が動作の中に生きてるときは何となく漢字にするかな。

文中のアルファベット

基本的には文中に英単語を用いる場合は前後に半角スペースを入れている。ただし、アルファベットで綴ることが慣例になってる一語の略語の前後には入れない。

例えば socialist realism について語るときや intense な表現とかちゃんぽんな表現をするときには半角スペースを入れるけど、昨日観たDVDや買ったPCやNATOやASEANについて語るときは入れない。Movable Type とかは英語表記が定例っぽいけど、二語以上の場合は間に入るスペースとバランスをとって前後にやはり入れる。あるいはMovableTypeと書いたりする日もある。この辺はフィーリング。

ただし、点や丸のあとには半角スペースは入れない。例えば、here に英単語が来たときは here の後にだけスペース。Here でも同様。点・丸は右半分空白だから間延びしてしまう。完全にこの辺は俺の好み。

一人称

これ困るよね、男は。「自分は」で通すと右翼っぽいし、「自分は~~であります!」とか言いたくなる。カジュアルに書くときは「俺」。「オレ」とか「おれ」は頭悪そうなので嫌い。偉い人が見そうなときは「僕」とか。人のサイトに書き込むときも「僕」かな。

正しいHTMLについて

高校生の頃とかやたらStrictを追求したもんだけど、今は割とちゃんぽん。正しいHTMLを知っていることは重要だと思うけど、状況に応じてテーブルレイアウト使ったりフォントサイズのピクセル指定したりしてもいい。大多数の人にとって重要なのは「いかに書くか」ではなく「何を書くか」であり、テーブルレイアウトなら五分でできることを position:absolute と無数のID振って一時間かけてやるのは俺は嫌(テーブルレイアウトはさすがにしたことないけど)

読み上げブラウザはどうすんだとかつっこまれそうだけど、政府や企業らの「提供するべき義務がある」タイプのコンテンツと違って「完全に趣味でやってる」サイトなので、あんまり気に病まない方がいいかなと思ってます。

まとめ。

正しい日本語、正しいHTMLを知っていることは重要だけど、結局は「いかに書くか」ではなく「何を書くか」であり、人に迷惑かけないレベルでならやりたい放題やっていいんじゃないの?

と語尾を疑問形にしてしまう程度の確信で書いてます。

コメント

投稿者:iwaim (2005年01月17日 03:54)

文章のリズムのところで「W3C的優等生な感じ」で書くと何故文体も変わるのでしょうか?それがリズムだから?
単に
「たつをさんやネタフルさんの流れに乗ってうちも簡易表記を始めた。[P]。
サイト簡易表記まとめWikiにも登録してみた。以前いろんな祭りに乗り遅れたんで、今後は脊髄反射でどんどん乗っていきたい。」
で良いような気がするのですが。まあ、「こことかこことか」みたいな記法が好きならそれはそれでいいのですが、その理由付けのためにわざわざ変な例示をしなくてもいいと思いますよ。

ところで TANI さんは「W3C信者」なのでしょうか?正しいHTMLとやらを軽視するW3C信者ははじめてみたのでなんか斬新でした。
なお、正しいHTMLとやらを軽視すること自体が問題だといっているわけではないです。読めばわかると思いますけど、念のため。

投稿者:Kenichi Tani (2005年01月17日 11:50)

「たつをさんやネタフルさんの…」の例は完全にリズムが悪く、僕の文章美学(大袈裟ですがそういうことです)に全く噛み合わない、ということです。「こことかこことか」の方が完全に俺好み。

信者って言っても冷やかしみたいなもんですから。「どっちがW3C的に正しいんだ?」みたいなのを考えるのは好きですが、それより大事なものはごまんとあるわけで。だから
http://www.playnote.net/archives/000190.html
みたいな「ぬる信者でゴメンナサイ」な記事を書いたんですよ。魔女狩りでもしたら真っ先に吊るし上げられるでしょうね。

投稿者:iwaim (2005年01月17日 19:54)

だからそれなら
「たつをさんやネタフルさんの流れに乗ってうちも簡易表記を始めた。[P]。
サイト簡易表記まとめWikiにも登録してみた。以前いろんな祭りに乗り遅れたんで、今後は脊髄反射でどんどん乗っていきたい。」
だとリズム悪いからって書けばいいだけで、それを
「たつをさんやネタフルさんの記事に影響されてうちも簡易表記を始めた。うちの簡易表記は[P]。
さっそく設置されたサイト簡易表記まとめWikiにも登録してみた。以前いろんな祭りに乗り遅れたんで、今後は脊髄反射でどんどん乗っていきたい。」
と他のところまで文体を変更してしまうのは何故なんだろうってことです。
W3C信者についてはわかりましたが、そういう人でもW3C信者を名乗るんですね。参考になります。
ていうか、冷やかしって書いているからアンチテーゼみたいなもんですかね?もしかして。

投稿者:Kenichi Tani (2005年01月18日 11:24)

そうですね。何の説明もなく「リズム悪いから」で終わらせてよかったかもしれませんね。ただ僕は比較した方がわかりやすいと思ったし、いざ比較するとなると理系人間じゃないのでただ replace するだけじゃ気がすまないんですよ。「AさんやBさんの流れ」じゃなくて「AさんやBさんの起こした流れ」「が発端となって起きた流れ」だろう、と。

そういう人でもW3C信者を名乗りますよ。トルコ人が酒ガンガン飲むけど俺は敬虔なムスリムだって公言するようなもんです。ハートが信者。

投稿者:Fountain (2005年01月19日 14:58)

話題は変わりますが…全角英数って駄目ですか?
「ATOKのほうがIMIより好き」「自衛隊のC-130輸送機がイラク入り」「SONYのノートPC」などという場合には、私は全角にしてしまうんですが。
強いて理由をあげれば、半角になると視線の移動速度がいきなり半分になるから、とか。
もちろんいくら固有名詞だからって「FN社のPROJECT90」とかは妙だし、「それはなんぼうにもuglyですがな」「政治にengagementする」というように原語を使うときは当然半角だと思いますが。
まあ、わざわざ入力を全角英数にして入れるという面倒くささ(うかつにATOKをあとKの変換で覚えさせたら、たとえば「あとから」をATOKあらと変換しないかと怖くて)ですが…。
個人的には英数はそんな感じです。

投稿者:Fountain (2005年01月19日 15:08)

あと、文法というよりブラウジングの話ですが、プロポーショナルフォントと等幅フォントはどうしてますか?
活字にしろワープロソフトにしろ等幅ですし、プロポーショナルだと尻が「ガタガタ」するので、私は等幅(MSPゴシックでなくMSゴシック)でブラウジングしてるんですが。

投稿者:Kenichi Tani (2005年01月19日 16:10)

全角も場合によるよな。「第2回」と「第2回」なら前者を選ぶ。けど基本的には英数フォント、VerdanaとかGeorgiaとかの方が好きだしカコイイから半角使うなー。

俺はプロポーショナルフォント派だね。WORDなんかだと右端揃えてくれるし、Webブラウジングでもプロポーショナルの方が好きだなぁ。俺はプロポーショナルの方が読みやすい。それ以前にWebでは(IEが)プロポーショナルをデフォルトにしてるから、設定いじって人と違う環境にしてしまうと見た目チェックとかで誤差が生じちゃうからいじってない。

投稿者:Fountain (2005年01月20日 16:28)

もちろん、見た目をチェックするときはブラウザ設定を戻してはいますが。
ワードでもプロポーショナルですか?
いや、単純に「一枚あたりの字数が計算できない」ので、原稿用紙何枚(40×40で4枚相当とか:実際には一行の字数が違うのでけっこうずれますが)と考えて書いている私には辛いなと。
英語レポートなら単語数ですから問題ないですが…。
残念、等幅愛好家は増やせませんでしたかっと。

投稿者:Kenichi Tani (2005年01月20日 18:06)

ワードでもプロポーショナルだね。大抵は。俺はPの方が紙面でも読みやすく感じる人なので。一枚あたりの字数が云々、なんてのは考えたこともなかったよ。