PLAYNOTE ジョス・ストーン『The Soul Sessions』

2005年01月08日

ジョス・ストーン『The Soul Sessions』

[音楽・ビートルズ] 2005/01/08 16:40

イギリスのラジオで流れまくってる曲。16歳少女が歌うソウル。女性ボーカルって好きだけど、この声が当時16歳とは思わなかったなー。ジャニス・ジョップリンの再来なんて呼ばれたりもしてるみたいだけど、確かにちょっとかぶるかも。

プロモ。この曲いいなー。映像は超ださいけど。このライブ映像は結構いけてる。コーラスの人々がいい。

コメント

投稿者:しのぶ (2005年01月09日 00:13)

なぜ西洋人はセクシーであることを美徳とするんだろうか、って昔からすごい疑問だったんだけど、このPVを観てもその疑問がわいてくるばかりで、歌とか聴いてられないなー。16歳っていうだけでメチャ引く。ラジオがいいかもね。

投稿者:Kenichi Tani (2005年01月10日 13:28)

セクシーを大っぴらにアピールするようになったのも戦後からでないかな。しかもアメリカ発。思うに映画とかシンガーとかポップカルチャー由来な気がする。

投稿者:しのぶ (2005年01月11日 13:55)

アメリカ発、っていうのには勝手に納得。何の根拠も無いけど。
ピープルズ・チョイスで「華氏911」が取ったとかも、全く・・・って思う。

投稿者:Kenichi Tani (2005年01月11日 15:41)

戦中・戦前の映画スターとか見てもヘソ出しはおろかスカート丈も長いしね。マイケル・ムーアは結局一本も見てないな。ボウリング~くらい見ときたい。

投稿者:しのぶ (2005年01月11日 16:48)

ボウリング~は、超笑えるよ。お薦め。