PLAYNOTE キャロルサービス@カンタベリー大聖堂

2004年12月15日

キャロルサービス@カンタベリー大聖堂

[イギリス留学] 2004/12/15 12:19

クリスマスまであと十日。カンタベリーの街はプレゼントやらクリスマスカードやらを買い込み人々でおおわらわです。おばさんの迫力がすげーのは日本でもイギリスでも変わらず。子供が郵便局で泣き喚くのは日本でもイギリスでも変わらず。

そんな中、大聖堂でキャロルサービスやるよー、毎年大人気でチケット取れないから早めに取った方がいいよー、との誘いにそそのかされて、チケットとって行ってきた。何のイベントなのか知らず。夜の大聖堂に入れるってだけでもまぁ楽しいんだけど。

入ってみるとすごい人。軽く千人以上はいそうな感じ。八時を待つ間、ハモンドオルガンだかパイプオルガンだか知らないけど荘厳なオルガンによる聖歌が演奏されている。

渡されたキャンドルに火がともされ、キャロルサービススタート。キリスト生誕のストーリー(ダイジェスト版)が語られ、その合間合間にみんなで賛美歌を歌う感じ。配布された小冊子を見ながら一生懸命歌う非キリスト教徒の僕ら。

隣にいたブロンドねーちゃんが、いかにも歌が上手そうに見えて超音痴でした。

終わった後みんなでテスコ行ってピザ買って、帰って焼いて食った。そっちの方が楽しかった。けどまぁキリスト教文化の一端を見れたという意味では面白かったな。礼拝行事に参加したのはトルコ・カッパドキアでイスラム教のお祈りをして以来二度目。たまに宗教を信じたくなります。