PLAYNOTE ダニー・ボイル監督『Trainspotting』

2004年11月03日

ダニー・ボイル監督『Trainspotting』

[映画・美術など] 2004/11/03 20:49

今さら観た。スリリングで最高カッコいい映画。Webの映画評見てたら「ミュージックビデオみたい」という指摘があったけど、ミュージックビデオで何が悪いのか。いわゆる映画っぽい映画が苦手な俺には、これくらいスピード感があって、悪趣味でえげつない方が面白いな。

ヘロイントリップ中の悪夢的な映像がすげー良かった。トイレ潜水のとこも。こういう効果が出せるんだから、映画も面白い表現媒体なんだよな。

ピーター・バカランがイギリス英語についてのインタビューで「トレインスポッティングの英語を聞き取れれば合格点じゃない」と言ってたが、ハードル高いなー。割と聴き取れた気がするけど、問題は単語聴き取れても意味がわからんということ。最近サラ・ケインとかマーク・レイブンヒルとか読んでたから汚いスラングはいくつか語彙に入ってたけど、それにしてもわかんない。

『時計仕掛けのオレンジ』は何かビジュアル的にもストーリーの発想的にもだっせぇなぁと思ったけど、これはすごい好き。うんこシーンがいっぱいあってもう見返したくはないけど、カメラワークとか音楽の使い方とかカッコいい。

1996年公開だからもう八年も前だけど、ロンドンの若者の感じとかクラブの感じとか、あんまり変わってないような気が。劇中では"Everything's changing"って言ってたけど。ちょろヒゲのおっさん、いそうで怖かった。

映画も面白いんだなー。この監督の作品、他も観てみたいな。

コメント

投稿者:**** (2004年11月03日 21:45)

ホントいまさらだな(笑)
アントン、キントン、レントン、カントン、
のどれかだったよね。主人公。

投稿者: (2004年11月04日 10:33)

レンコンに1票

投稿者:Kenichi Tani (2004年11月04日 15:46)

カントンに一票。カントンの人って見たことないな。真性の奴は友達にいるけど。

投稿者:**** (2004年11月05日 04:53)

MIDNIGHT PLUS ONE
登場人物
ルイス・ケイン(カントン)……ビジネス・エイジェント

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150710511/250-1324394-8257831