PLAYNOTE 追悼

2004年11月01日

追悼

[雑記・メモ] 2004/11/01 18:43

こういう個人的なことを人目に触れる場所に書くのがいいことなのか悪いことなのか、その答えは人それぞれだろうけど、俺の場合故人への最大限の追悼という意味で書く。

高校時代の友人が白血病で亡くなった。同い年、22歳。高一からの友達だった。

22歳で自分が死ぬことに納得できる奴なんかいない。俺だったら世の中と運命と身の回りの人間すべてを憎しみ抜いて、憤怒と憎悪の中で死んでいくだろう。

彼のお葬式は立派なものだったそうだ。集まったお香典は、「故人の優しく正義感溢れる人柄を思い」、新潟の震災に全額寄付されたそうだ。

俺だったら天に唾を吐いて死んでいくであろうシチュエーションで、何かこう、何て言うか、ここまで出来るもんだろうか? 実際これはご家族の意向で本人の与り知らない決定だったのかもしれないけど、そういうポジティブな気持ちを周囲に配ることが出来る人柄って何て素晴らしいんだろうと思いませんか?

最後に会った飲み会の席で、「検事になって悪い奴とっちめてやる」みたいなことを冗談混じりに言っていたのを思い出すけど、きっとこれっぽっちも冗談なんか混じってなかったんだろうな。棺の傍には六法全書が添えられていたそうだ。死ななくていい奴ばかりが死んでいく。

俺なんかが「ご冥福をお祈り」するまでもなく天国の門は開いているだろうけど、微力ながら、ご冥福をお祈り致します。次の同窓会にお前の顔がないことが残念だ、バーカ。

コメント

投稿者:りさ (2004年11月08日 10:44)

おひさしぶり。こんなとこにかくのはどうかと思うけど。彼のお葬式で君のことを少し聞いたのでネットで探してみました。インターネットって便利ね。こういう言い方がいいかどうかもわからないけど、素敵なお葬式でした。頑張ってるみんなに会えて頑張ってるであろう君の話を聞けて。なんだかね。まだまだ私は死ねないな。

投稿者:Kenichi Tani (2004年11月08日 14:51)

おー久しぶり!元気してる?死ねないなって当然のこと言うなよ。今後どんなに不況や天変地異が来ても、3Dから少なくとも自殺者は出ないだろうね。俺も線香くらいあげたかったよ。

何かみんな頑張ってるみたいね。貞弘が大学院行くとか聞いて驚いちまった。そういうキャラだっけ、あいつ?俺はまだあと五ヶ月もイギリスにいんのかと思うとうんざりだ。早く日本帰りたい。りさちゃんの今後は?

投稿者:りさ (2004年11月09日 03:42)

今日は学校で見てる。留年決定。学校に行かなかった。今年は80単位取得目指してる。通常の二倍。私が三年間で取った単位の二倍。それで卒論残す感じ。その先はまだ不明。気楽に生きてるっていうか、無責任なんだか、という狭間。ていうか、私が留年すると聞いても貞弘君の院よりか驚かないだろうな。日本に帰ってきたら会いたいものですな。