PLAYNOTE 米長さんと天皇陛下の会話について

2004年10月29日

米長さんと天皇陛下の会話について

[トピックス] 2004/10/29 17:57

米長「日本中の学校で国旗を掲げ、国歌を斉唱させることが私の仕事でございます
天皇「やはり、強制になるということではないことが望ましいですね」
米長「もうもちろんそう、本当に素晴らしいお言葉をいただき、ありがとうございました」

この会話すごい面白いよね米長さん。阿諛追従・おべっかへっぴり腰の見本。藤子・F・不二夫の漫画とかに出てきそう。

天皇陛下のクールな切り返しは見事だけど、「なるということではないこと」というまどろっこしい二重否定はどうにかならなかったんだろうか。それともこれがミヤビという奴なんだろうか。ならいっそ「おじゃる」とか「まろ」とか使ったらどうだろう。

天皇「まろも、強制になるということではないことが望ましいでおじゃる」

俄然ミヤビだぜ!

コメント

投稿者:G (2004年10月29日 22:02)

「よねなが」か「べいちょう」か迷った。よねながの方か。
こんなんでちょろっとしゃべったくらいで
政治的発言がどーのこーのと言われる天皇って
やっぱりかわいそうな人種だと思う。
逆に国政のオブザーバーみたいな立場で自由に発言させてやりゃいいのになあ。
ご意見番みたいな。
チマチマ学者やらせとくにはもったいない。

投稿者:Kenichi Tani (2004年10月30日 10:28)

俺は読み方知らずにコピペ。<コメ長

国政オブザーバーは立場強過ぎでしょ。現状で天皇が「イラク派兵は時期尚早かと…」「消費税税率に関しては…」なんて発言してたら国会機能しないよ(笑)。右翼が黙ってないぜ。

学者やらせとくにはもったいないには同感。あいつら相当頭いいんだろうなー。こっそり手記とか残して後世でリークされたりしたら面白いんだけど。