PLAYNOTE 今日の講義はすごかった

2004年10月01日

今日の講義はすごかった

[イギリス留学] 2004/10/01 20:04

今日の講義、"Modern Theatre - a theatrical landscape" はいろんな意味ですごかった。

まず四時間あった。14:00-18:00というタイムテーブル。何だそれは。そのうち一時間半は映画観てたし、三十分休憩はあったんだけど、無茶だよ。でもそれが毎週。

次に渡されたリーディングリストがひどかった。「教科書五冊買え」と書いてある。この単位は九月から十二月、実質三ヶ月の単位なのに五冊って。リストはこちら。

  • Robert Leach 'Makers of Modern Theatre' (2004)
  • John McGrath 'A Good Night Out' (1996)
  • Antonin Artaud 'Theatre and its Double' (2001)
  • Peter Brook 'The Empty Space' (1968)
  • Roselee Goldberg 'Performance Art' (2001)

ピーター・ブルックの「何もない空間」は大学一年の時読んだけど(当然そのときは日本語で)、それにしても五冊も読むのか…。優に千ページは超える。アントナン・アルトー(演出家、演劇理論家)が入ってるのをどうにかして下さい。読めっこねぇ。来週までに百ページ近く読まないといけない。

(※ちなみに教科書、しめて一万円くらいしました。イタタタ。)

観た映画は面白かったけど、全然何言ってるのかわかんなかったなぁ。教授の英語はわかりやすくてちょっと自信ついてたのに、一気に地に落とされた。

この四時間に加えて、来週はセミナー(日本でいうゼミ)もあるからしめて六時間くらい? 一単位が重過ぎる。