PLAYNOTE ポールが天気を変えた

2004年06月22日

ポールが天気を変えた

[音楽・ビートルズ] 2004/06/22 09:54

お金があれば割と何でもできるんだなぁ。

ポール・マッカートニーが、ロシアの天気を修正した。6月20日(日)にロシアのサンクト・ぺテルスブルグで行なうコンサートは、マッカートニーにとって3,000回目のステージとなる特別なものだった。しかし、あいにくその日の天気予報は雨。そこでマッカートニーは、ジェット機を飛ばし雨雲にドライアイスを噴射したという。

『The Sun』紙によると、2万ポンド(およそ400万円)をかけたこの作戦は大成功。マッカートニーがステージに登場するときは、雲の間から日が差していたという。 (BARKS

なんでも「ドライアイスは雲の中の水分をホールドする」ので雨が降るのを阻止できたらしい。どういう発想してんだ。

つづき。

この夜は、15歳でザ・クォリーメンに参加して以来、3,000回目のコンサートとなった。マッカートニーは、ザ・ビートルズで2,523回、ウィングスで140回、ソロとして285回、ステージに立ったという。

ビートルズが2523回でぶっちぎり。すごいな。ビートルズがコンサート活動をやってたのは1960-1965くらいまでのはずだから、年平均500回ライブやってた計算になるぞ。すごすぎる。数えているポールもすごい。毎回ライブが終わる度、家に帰ってちまちまノートでもつけてたんだろうか…。

ウィングスも70年代のアメリカナンバーワンバンドだった割にライブ回数少ないんだなぁ。